phpMyAdminでデータベースとユーザを新規登録する

スポンサーリンク

phpMyAdminはMySQLサーバーをブラウザで管理するためのデータベース接続クライアントツールです。
ブラウザからのGUI操作でSQL文を記述することなく、MySQLデータベースに対して様々な操作が行えます。
本記事ではphpMyAdminで新規データベースの作成および新規ユーザの登録する方法をまとめます。
※本記事はXAMPPを利用します。XAMPPをインストールしていない方は事前にインストールをしてください。
XAMPPのインストール方法はこちら

目次


必要なもの

必要なもの 価格(円)
1 PC ピンキリ
備考 インターネット接続可能なこと
2 XAMPP 無料
備考 持っていない場合は、こちらを参照→XAMPPのインストール方法

事前準備

本記事ではXAMPPを使って説明しますので、事前準備としてXAMPPをインストールしてください。

XAMPPをインストールする!


XAMPPはPHPやSQL,apacheなどのサーバのコンポーネントを1つにまとめたソフトになります。
これからPHPを使ってコーディングをしていくので、PHPをインストールする必要があるのですが、XAMPPをインストールすればapacheも同時にインストールできるため、ローカル環境のブラウザ上でPHPの表示確認ができるようになります。
XAMPPのイントール方法をブログにまとめたので、よろしければご参照ください。

XAMPPのインストール方法
目次 ゴール XAMPPはapacheやSQLなどのWebアプリケーションに必要となるサーバ機能を管理できる便利なソフトです...


XAMPPでApacheとMySQLを起動!


データベースの設定をするために、ApacheとMySQLを起動します。





新しいデータベースの作成


この章では新規データベースを登録方法についてまとめます。

ブラウザでphpMyAdmin(以下のURL)にアクセスしてください。

phpMyAdminのアクセス先

http://localhost/phpmyadmin

すると以下のような画面が表示されるはずです。
新規データベースを作成するには左側にあるメニューの中の”New”をクリックします。




するとデータベースの新規作成ページが表示されます。
新規作成したいデータベース名を入力し、”作成”ボタンをクリックします。




下の画像の様に先ほど新規作成したデータベース名が表示されるはずです。




新しいユーザの登録


次にデータベースにアクセスできるユーザを新規登録します。
先ほど作成したデータベースを選択すると、上のメニューに”特権”があります。そこをクリックします。




下の画像のようにユーザ一覧が表示されたら、”Add user account”ボタンをクリックします。



新規に作成するユーザの情報を入力します。
以下の入力欄に値を入力していきます。
・User name:お好きなユーザ名
・Host name:localhost
・パスワード・Retype:お好きなパスワード
・Authentication Plugin:Native MySQL authentication

以下のチェックボックスにチェックを入れます。
・データベース”***”へのすべての特権を与える
・グローバル特権 Check all

その後、右下にある実行ボタンをクリックします。



以下の画像の様に”新しいユーザを追加しました”と表示されれば新規ユーザの作成は完了です。

まとめ

本記事ではphpMyAdminを使ってMySQLサーバへの新規データベース作成および新規ユーザ作成の操作をする方法をまとめました。
今回でデータベースを新規作成できましたので、次はそれを操作するアプリの作成が必要です。
私は練習も兼ねてPHPのフレームワークであるLaravelを用いて記事投稿Webアプリを自作してみました。
よろしければそちらの記事もご参考にしてください。

【投稿アプリ自作(1)】Laravelプロジェクト作成 (Laravel)
Laravelの練習がてら記事投稿Webアプリを自作したので、備忘録としてまとめたいと思います。 本記事はLaravelプロジェクトの作成方法についてまとめます。

以上!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
Powered by YSKTEC.COM