記事をランダムに自動ツイートさせたい!!!

スポンサーリンク


Twitterで特定時間にランダムに記事を自動投稿する方法をまとめました。



目次

目次



やりたいこと


MAKEBOTを使って特定時刻に投稿をランダムで自動ツイートできるようにしました。




事前準備

1.Twitterのアカウント準備

自動投稿させるためのTwitterアカウントを準備してください。



実現手順



手順1.MAKEBOTにユーザ登録する


MAKEBOTのサイトにアクセスする

以下のMAKEBOTのサイトにアクセスします。
http://makebot.sh/


「新規登録>>」をクリックする



個人情報を入力し、「利用規約に同意して登録」をクリックする



認証URL付きのメールが届くまで待つ



MAKEBOTからのメールに記載された認証URLにアクセスする



「ログイン」をクリックする

「認証に成功しました。」と表示されたら、「ログイン」をクリックします。


登録したユーザ情報を入力して、「ログイン」をクリックする



ログインできたら、手順1完了

以下のようなMAKEBOTのダッシュボードにアクセスできれば手順1完了です。



手順2.MAKEBOTにTwitterアカウントを登録する


「新しいボットを追加」をクリックする

初めてログインすると以下のような画面が表示されるはずです。


Twitterのユーザ名、パスワードを入力して「連携アプリを認証」をクリックする

※ユーザ名は@xxxxの@を除いたものです。


Twitterアカウントが登録されれば、手順2完了




手順3.MAKEBOTのcallback URLを入手する


認証されたTwitterアカウントをクリックする



「設定する」をクリックする



callback URLを入手する




手順4.TwitterアカウントのAPI keyとAPI secretを入手する


Twitter Appsにアクセスする

以下のURLにアクセスしてTwitter Appsにアクセスする。
https://apps.twitter.com/


「Sign in」をクリック



Twitterのアカウント名とパスワードを入力し「ログイン」をクリックする

※アカウント名は@xxxの@を除いたもの


「Create New App」をクリックする



個人情報等を記載して「Create your Twitter application」をクリックする

自分のサイトがなければ、googleとかhttp://makebot.sh/とかでも可らしい
Callback URLは先ほど入手したcallback URLを入力する。

参考:
http://zaitaku-hukugyo-net.com/3000.html


「Keys and Access Tokens」タブをクリックする



API KeyとAPI Secretを入手する




手順5.MAKEBOTにつぶやき元の設定をする


API keyとAPI Secretを入力して「変更を保存」をクリックする

MAKEBOTのつぶやき元の設定ページに戻り、先ほど入手したAPI keyとAPI Secretを入力して「変更を保存」をクリックします。


「連携アプリを認証」にクリックする



「設定を変更しました。」が表示されれば手順5完了




手順6.MAKEBOTに定時自動ランダムツイートの設定する


機能を有効にするため「こちらから」をクリックする



稼働設定を変更し、「変更を保存」をクリックする



「時間指定つぶやき」ボタンをクリック



時間指定つぶやきオプションを変更して「変更を保存」ボタンをクリックする



ツイート内容を設定して「テキストの登録」をクリックする




手順7.定時自動ランダムツイートの動作確認


確認用に5コ登録する



Twitter上で自動ツイートを確認する

以下の様に上で設定したツイート内容が指定時刻にツイートされれば、成功です!!!



まとめ


過去の記事を自動でランダムにツイートしたいと思い、本記事の方法でランダム自動ツイートを実装しました。
MAKEBOTは定期投稿や自動リプライなどその他にもたくさんの機能があります。
同じようにTwitter活用を考えている方は是非検討してみてください。

以上!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
Powered by YSKTEC.COM