Windows上でLinuxの仮想環境を構築したい!!!

スポンサーリンク


LinuxをWindows上で動かすためにVMwareを利用して仮想Linux環境を構築しました。
本記事ではその方法をまとめます。
※以下手順ではLinuxとしてubuntu Serverを利用しています。適用するISOファイルを変えれば以下手順で同様に仮想Linux環境が構築できるはずです。

目次



やりたいこと

本記事ではWindows上でWindowsやLinuxなどのOSを仮想的に実行できる仮想マシンソフト「VMware Player」を使って、UbuntuをWindows上で起動させることを目指します。



事前準備

1.VMwareをインストールする

インストールがまだでしたら、仮想マシンソフト「VMware Player」のインストール方法を参考にしてインストールしてください。



手順概要



手順1.ubuntuのisoファイルをダウンロードする

Ubuntuインストーラとして、ISOファイルをダウンロードします。
日本のサイトはDesktopしかインストーラがなかったため、本家からダウンロードします。


ubuntuのURLにアクセスする

1.以下のubuntuにアクセスします。
Ubuntu is an open source software operating system that runs from the desktop, to the cloud, to all your internet connected things.


『Download xx.xx now』をクリックする

1.『Download xx.xx now』をクリックします。



『Ubuntu Server』をクリックする

1.『Ubuntu Server』をクリックします。



『Download』をクリックする

1.『Download』をクリックします。
LTS版の方がサポート期間が長いので、LTS(Long Term Support)を選択します。



ダウンロード先を指定する

1.適当なフォルダをダウンロード先に指定して、ダウンロードします。
ダウンロード先は後で参照するので、分かりやすいところ(例えばデスクトップなど)に保存してください。






手順2.VMwareにubuntuをインストールする

VMwareにubuntuをインストールします。
VMwareに簡易インストール機能があり、初期設定として幾つか設定値を入力するだけで自動でインストールが完了して非常に便利です。


VMwareを起動する

1.デスクトップにある「Vmware Workstation * Player」のショートカットをクリックします。
or
1.すべてのプログラム内の「Vmware Workstation * Player」をクリックします。



『新規仮想マシンの作成』をクリックする

1.『新規仮想マシンの作成』をクリックします。



インストーラをisoファイルに選択する

1.『インストーラディスクイメージファイル』を選択します。
2.『参照』をクリックします。



isoファイルを選択する

1.手順1でダウンロードしたisoファイルを選択します。
2.『開く』をクリックします。



簡易インストール可能かを確認し、『次へ』をクリックする

1.『このOSは簡易インストールを使用します。』と表示されることを確認します。
2.『次へ』をクリックします。



簡易インストール情報の設定

1.簡易インストール情報としてお好きな設定を入力します。
ubuntuにログインするときに使用するので、メモをしておいてください。
2.『次へ』をクリックします。



仮想マシン情報の設定

1.仮想マシン情報としてお好きな設定を入力します。
特にこだわりがなければ変更しなくてよいと思います。
2.『次へ』をクリックします。



ディスク容量の設定

1.ディスク容量としてお好きな設定を入力します。
特にこだわりがなければ変更しなくてよいと思います。
2.『次へ』をクリックします。



ハードウェアのカスタマイズの設定

1.ハードウェアのカスタマイズとしてお好きな設定を入力します。
特にこだわりがなければ変更しなくてよいと思います。
2.『次へ』をクリックします。



ソフトウェアの更新ウィンドウが出たら、『ダウンロードしてインストール』をクリックする

1.『ダウンロードしてインストール』をクリッククします。



自動でubuntuがインストールされる

1.自動でubuntuがインストールされるのでしばらく待ちます。
2.『login:』が表示されるまで待ちます。
※ここで「MKSに接続できません:ソケットの接続試行が多すぎます。中止します。」というエラーが出た場合はVmwareの「MKSに接続できません:ソケットの接続試行が多すぎます。中止します。」エラーを解消したい!!!の記事で対処法をまとめたのでそちらを参照してください。



ubuntuにログインする

1.先ほど簡易インストール情報として設定したユーザ名とパスワードでログインします。
2.コマンド待ち受け状態になっているはずです。







手順3.VMwareでubuntuを起動する

これでインストールできたので、このまま使用することができますが、一応確認もかねて、再度VMwareの起動から確認してみます。


Vmwareを閉じる

1.右上『X』からVmwareを一度閉じます。



『パワーオフ』をクリック

1.『パワーオフ』をクリックします。



VMwareを起動し、仮想マシンを選択する

1.『Vmware Player』を再度起動します。
2.仮想マシンの名前で設定した仮想マシン名を選択します。



『仮想マシンの再生』をクリックする

1.『仮想マシンの再生』をクリックします。



ubuntuにログインする

1.ubuntuにログインします。
2.仮想Linux環境にアクセスできるはずです。




まとめ

本記事ではLinuxをWindows上で動かすためにVMwareを利用して仮想Linux環境を構築する方法をまとめました。
Linuxの勉強したいけど、WindowsのPCしかなくて使えないなどちょっとLinuxを使いたい場合に有効だと思います。
本記事がご参考になれば幸いです。

以上!!!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
Powered by YSKTEC.COM