【実践】働きながらでもPHP技術者認定準上級を1ヶ月で取得する!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本ページは一般社団法人 PHP技術者認定機構のPHP技術者向けの資格であるPHP技術者認定上級/準上級を1か月で取得することを目指し、そのための試験申込み方法、教材や勉強方法、テキストや問題集で得た知識を整理などをまとめたページになります。
本ページがPHP技術者認定の資格取得を検討している方の参考になればうれしいです。

私自身、下で記載している勉強法を実践し、以下の画像の様にPHP技術者認定 準上級を取得することができました。
※結果は「不合格」となっていますが、得点が50点以上70点未満のため、準上級は取得できていることになります。


目次

資格概要

資格情報

・資格名
PHP技術者認定 上級/準上級

Tweet Pocket!function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement("script");j.id=i;j.src="

・概要
PHPの言語仕様から実用的なプログラミングテクニックまでの知識を問う試験

・レベル
ITスキル標準(ITSS):準上級試験 レベル2  上級試験 レベル3


試験情報

・受験料金
15,000円(税抜)

・受験方法
プロメトリックにてPCで受験
http://it.prometric-jp.com/

・設問数
60問

・試験時間
2時間

・出題形式
選択式(複数または単一選択)

・合格条件
7割以上の正解 上級試験合格
5割以上-7割未満の正解 準上級試験合格

勉強時間

約100時間
平日1日2時間、土日で12時間くらいなので100時間勉強しました



申込み方法




PHP技術者認定上級/準上級の申込み方法をまとめます。

PHP技術者認定 上級/準上級 申込み方法
一般社団法人 PHP技術者認定機構のPHP技術者向けの資格であるPHP技術者認定上級/準上級を受験しました。 試験申込み方法、教材や勉強方法、テキストや問題集で得た知識を整理したので備忘録として残しておこうと思います。 本記事はPHP技術者認定上級/準上級の申込み方法をまとめます。



教材紹介


教材は以下の2つです。

1.プログラミングPHP 第3版

2.徹底攻略 PHP5 技術者認定 [上級] 試験問題集 [PJ0-200]対応


プログラミングPHP 第3版

本情報


■タイトル
プログラミングPHP 第3版

■価格(2017/5/25現在)
4104円

■著者
オライリージャパン Kevin Tatroe (著), Peter MacIntyre (著), Rasmus Lerdorf (著), 高木 正弘 (翻訳)

■ページ数
416ページ

■章構成
はじめに
1章 PHPについて
2章 PHP言語の基本
3章 関数
4章 文字列
5章 配列
6章 オブジェクト
7章 ウェブに関するテクニック
8章 データベース
9章 グラフィックス
10章 PDF
11章 XML
12章 セキュリティ
13章 アプリケーションに関するテクニック
14章 さまざまなプラットフォームでのPHP
15章 ウェブサービス
16章 PHPのデバッグ
17章 日付と時刻
索引

■詳細

内容


PHP技術者認定の公式なテキストではないのですが、検索してみるとこちらの本がよくヒットしたので購入しました。
内容は幅広く、結構深くまで記載されています。
ですのでこの前に一度PHPの初級者向けのテキストを読むことをお勧めします。

各章に関連したメソッドの紹介と使い方が書かれています。
コードは少なめなので、余裕があればコードを自分で書きながら確認するとよいと思います。

初級者テキストについて

この書籍の初心者向けのテキストとして、初めてのPHP5 増補改訂版があるのでこちらがおすすめです。
私は、やさしいPHP 第3版 (「やさしい」シリーズ)というSBクリエイティブのやさしい~シリーズを購入して読みました。このテキストはソースがたくさん記載されているのでイメージが付きやすいです。



徹底攻略 PHP5 技術者認定 [上級] 試験問題集 [PJ0-200]対応

本情報


■タイトル
徹底攻略 PHP5 技術者認定 [上級] 試験問題集 [PJ0-200]対応

■価格(2017/5/25現在)
4664円

■著者
インプレスジャパン 鈴木憲治 (著), 堀 邦彰 (著), 水野史土 (著), 山田裕進 (著), PHP技術者認定機構 (監修), 株式会社ソキウス・ジャパン (編集)

■ページ数
656ページ

■章構成
はじめに
第1章 関数
第2章 文字列
第3章 配列
第4章 オブジェクト
第5章 ウェブに関するテクニック
第6章 データベース
第7章 グラフィックス
第8章 PDF
第9章 XML
第10章 セキュリティ
第11章 アプリケーションに関するテクニック
第12章 PHPの拡張
第13章 WindowsでのPHP
第14章 追加1(SPL、日付クラス、PEAR)
第15章 追加2(名前空間、クロージャ、リフレクション、遅延静的束縛)
第16章 追加3(JSON)
第17章 追加4(PDO、mysqlnd)
第18章 追加5(正規表現)
第19章 追加6(APD/Xdebug、memcache)
第20章 追加7(フィルタ)
第21章 総仕上げ問題
索引

■詳細

内容


PHP技術者試験 上級/準上級に向けて問題集です。
全問で348問あるため、試験の問題数は70問なのでこの問題集を解くことで5回分解いたことになります。
ページ数が多いですが、同時に章も多いため、各章の問題数は20問くらいでさくさく進めていけるのではないかと思います。
解説ページもかなり詳細に書いてあるので、この問題集1冊だけでもかなりの知識が付きそうです。



まとめ


PHP技術者認定準上級を取得したので、その備忘録として本ページを作成しました。
本ページがPHP技術者認定の資格取得を検討している方の参考になればうれしいです。

以上!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
Powered by YSKTEC.COM